平成の車はカッコイイ!処分せずにリサイクル重視!

平成の車はカッコイイ!処分せずにリサイクル重視!

昭和の車にも渋さがありますが、平成の感じにがカッコイイですよね。

 

 

車の処分をするって事も今はリサイクルになったり、また沢山走っていても車に乗れる人もいる。

 

 

回りまわって誰かがまた乗ることになるかもしれませんね。

 

 

どんな人であったとしても、小さな部分があるんだと思いますよ。

 

 

パートで事務をしています。
私の人生に訪れた人生の壁は、3度の流産です。

 

 

本当に辛かったです。

 

 

テレビで赤ちゃんが映ると、気持ちがおかしくなってしまいそうだったのでテレビはつけなくなりました。

 

 

 

スーパーもできるだけ、赤ちゃんや小さな子供がいない時間帯をねらって買い物に行きました。

 

 

 

外で遊ぶ子供の声や妊婦さんの姿が見えない様に、常に雨戸を閉めて生活していました。

 

 

かなり、息詰まっていました。

 

 

3度目の流産をした時に、きっともう赤ちゃんを産むことはできないと確信しました。

 

 

総合病院の産婦人科では、原因不明の流産と言われていたのでもう出産は諦めようと思っていました。

 

 

そんな時、フッとインターネットで私のような流産を乗り越えて出産された方の記事をみつけました。
その方はなんと、10回もの流産を乗り越えて出産されたとのことでした。

 

 

私は諦めていた気持ちが、動き出したのを感じました。

 

 

そして、不妊不育症専門の病院を受診しました。

 

 

その病院の先生はご自身も、不妊の経験がおありで私の話を納得するまで聞いてくださいました。

 

 

そして私の両手を握りしめて、「今までの流産はあなたの人生の勲章なんですよ。胸を張りなさい。何回石ころに躓いても、私があなたを起こしてあげるから、一緒に躓きそうな石ころを拾って行きましょう。今日は泣きたいだけ泣いて。でも明日からは笑顔でね。」と言ってくだしました。

 

 

私は声を出して泣いてしましました。

 

 

この先生に全てをお任せしようと思いました。

 

 

気持ちがすごく楽になりました。

 

 

そしてこの先生のお陰で、私は2人の赤ちゃんのママになれました。

 

 

本当に本当に先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

この先生に出会えなかったら、今の私はなかったと思います。

 

大切な2つの命のお母さんになれて、私はとても今幸せです。

 

 

これからも、その大切な子供を大切に育てていきたいです。

 

 

 

大量の時間を失ってしまいました。

 

 

 

インターネット上には、アマチュアが作った物語(いわゆるネット創作)がたくさんあり、
その中には凄く面白いものが含まれています。

 

 

その面白い(個人的には有名なプロが作った物語より面白いと思います)
2、3の物語を見つけてしまったがために、
他にももっと面白い物語があるのではないかと、
ネット中を探すことになりました。

 

 

お金の事についてずっと考えているとしんどくなる事もあるなと。

 

理想系で言うと権利収入で利益が60万円ぐらい取れるようになれば個人的にはOKだなと。

 

 

権利収入.com

 

 

不動産、ネット、権利収入はいっぱいあるけど、種類なんかも参考にしてみては?

 

 

 

そうなるとどうしても莫大な時間がかかります。

 

 

ネット上にはおすすめレビューのようなものがあり、
その中で色々な人が色々なネット創作を推薦していましたが、
やはりレビューする人と私の感性が違うので、
「言うほど面白いとは思えない」と思うことが多々あり、

 

 

それなら自分で探すしかないと、余計にネット創作の深みにはまってしまいました。

 

 

 

ネット創作は素人創作なので編集されることがなく、
その為非常に尖った作品が多いです。

 

 

 

なので合わない作品はとことん合いませんが、
(万人向けに編集されていないのだから当然です)

 

 

 

合う作品は心の底から楽しめます。

 

なので、確かにネット創作に出会った結果、
私は大量の時間を失ってしまいましたが後悔はしていません。

 

 

 

何故なら、それほど(ごく一部の)ネット創作は素晴らしい出来だったからです。

 

 

 

今後はどのようにその夢中になったものと付き合っていきたいですか?

 

 

 

昔ほど時間をかけるのは難しいですが、今までのようにネットの海を泳いで
面白い作品を発掘していこうと思っています。

 

 

作品発掘作業は面倒ですが、
当たりを引いた時は今までの苦労が全て報われると思えるほどの思いが出来ます。

 

 

なので、これからも私はネット創作を見続けていくことでしょう。

 

アニメ系のイベントに足を運ぶ楽しみのひとつは沢山のコーディネートされた車があるってところですね。

 

 

あーいう気合の入った車の何がすごいかって、完全なオリジナル性ですね。

 

 

廃車をするつもりもないと思うけど、手順を知っていると後で手放すときには楽になる。

 

 

 

廃車 手続き

 

 

廃車の本当の流れや会社ってどうなっているのかもわかりやすい!